Webライター

WebライターがWordPressブログを運営するべき3つの理由

Webライター

副業でWebライターをしています。しかし、より高い収入が欲しいです。おすすめの方法はありませんか。

このようなお悩みを解決します。

今回は、WebライターがWordPressで個人ブログを運営するべき理由を解説します。

結論はこうです。
Webライターとしてお金を稼いでいきたいなら、WordPressで個人ブログを運営しましょう。

その理由について詳しく解説するので、ライターとして稼ぎながら、ブログで安定的に収益を上げたい方はぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

WebライターがWordPressでブログを作るべき3つの理由

Webライターとして稼ぐなら、WordPressでブログを運営するべきです。

その理由は3つ。

理由①:実績・ポートフォリオになる
理由②:発注者側の気持ちがわかる
理由③:ストック型の収入源が増える

ひとつずつ見ていきましょう。

理由①:実績・ポートフォリオになる

ポートフォリオは、Webライターにとって重要なもの。
なぜなら、それさえあれば、その人の書く文章、実績、経歴がわかるからです。

たいていのライターは、ポートフォリオにこれまで受注してきた案件の記事URLを貼ってあります。

つまり、ポートフォリオに自分のブログURLを貼るだけで、他のライターと差別化できます。

ささみ
ささみ

他よりも頭1つ抜け出したいなら、WordPressは有効な手段になりますよ。

理由②:発注者側の気持ちがわかる

多くのライターは記事を執筆するだけで仕事が完結しますが、サイト運営はそれだけでは終わりません。

それを知っているライターはかなり少ないです。しかし、自分でブログを運営していれば勉強することが可能。

実際、僕自身ブログを運営している状態でライターをしているため、発注者の方がするであろう作業が見えます。

そのため、自ら作業量(=報酬)を増やす提案ができます。

記事執筆の枠にとどまらず、WordPressへの入稿や記事構成などの仕事を自分から提案すれば、それに比例して収入が増えます。

相手の気持ちがわかるだけでなく、Webライターとしての収入も増やすことができるんです。

理由③:ストック型の収入源が増える

ブログはネットビジネスの中で、「ストック」収入が得られることで有名です。

ストックとは、一度書いた記事がその先ずっと収益を産んでくれるように、自分の労働がストックされるビジネスのこと。

一方で、Webライターは働いた分だけお金がもらえるため「フロー」と呼ばれます。

もちろん、両者にメリット・デメリットがあるため「ブログが最強」などと言うつもりはありません。

ただ、両者がお互いのデメリットを補完しあう関係性にあるため、この2本柱を維持して生計を立てるのがおすすめです。

ライターで自給労働をしつつ、ブログで資産を貯めることで、安定的な収入を得ることがより現実的になります。

以上が、ライターがブログを始めるべき3つの理由でした。

ぜひとも、今日からWordPressでブログを開設してみてください。

必要な費用は1万円ちょっとです。今から始めてもすぐに終わりますよ。

>>【機械音痴でもOK】10分でできるWordPressブログの始め方を解説

まとめ:Webライターはブログで発注者側にもなれる

今回は、WebライターがWordPressでブログを始めるべき理由を解説しました。

もう一度おさらいしておくと、3つの理由がありました。

理由①:実績・ポートフォリオになる
理由②:発注者側の気持ちがわかる
理由③:ストック型の収入源が増える

この記事を読んで、ブログの重要性に気づいたなら、すぐにでもブログを始めてみてください。

ライターと違って、働いた分だけ稼げるというものではありませんが、裏を返せば、働かなくても稼げるビジネスでもあります。

少しずつ継続して自分の資産を形成していきましょう。

WordPressを使ったことがない方は、Conohaのサーバーを使ってブログを開設しましょう。

>>【機械音痴でもOK】10分でできるWordPressブログの始め方を解説

ブログの始め方の手順については、こちらの記事で詳しく解説しています。

今回は以上です

スポンサーリンク
sasamiblog
タイトルとURLをコピーしました