Webライター

【時給1000円以下の方へ】Webライターの時給を上げる3つの方法

Webライター

Webライターを始めてみたけど、思いのほか稼げていません。ライターとして独立するためにも、効率的な時給の上げる方法を教えてください。

こんなお悩みを解決します。

今回は、Webライターの時給を上げる方法を計3つ紹介します。

現状でライターとして稼げていなくても大丈夫です。この記事を読めば、スムーズに単価アップを狙うことができるようになります。

スポンサーリンク

はじめに:ライターの時給を上げるには「文字数」と「単価」を意識しよう

ライターの時給を上げるには、この2つが重要になります。なぜなら、時給とは「文字数✖️単価」で決まるからです。

文字数が増えれば、時給は上がります。また、単価が上がっても、時給は上がります。

では、その両者を増やすにはどうすればよいのでしょうか。

1日に使える時間は24時間しかないため、書ける文字数には限界があります。単価アップも3ヶ月以上の継続案件を受けてからでないと、厳しいです。

でも、安心してください。

次に、誰でもできるライターとしての時給を上げる方法を具体的に解説します。

Webライターの時給を上げる3つの方法

結論、時給を上げるなら「型を作り、ライターに使える時間を増やし、単価交渉」しましょう。

ひとつずつ解説していきます。

ささみ
ささみ

単価交渉は最終手段です。大量のアウトプットがないと、説得力がなく失敗に終わるので、慎重に行いましょう。

1. 型を作る

1日にライターに使える時間は限られているので、執筆速度を上げることが非常に重要になります。

そこで、ライティングの型を作りましょう。

それにより、執筆の際に「書くべき内容がわからない」と、無駄な時間を浪費する必要がなくなります。

でも、型を作るって難しそう…

と思われるかもしれませんが、ご安心ください。

型と言っても、オリジナルのライティングの流れを作るだけです。

これは、一朝一夕で身につくものではありませんが、日々意識してライティングを行えば、自然と身に付きます。

“型を作る”が難しいなら”見出しを最初に作る”

速攻性のある方法として、「見出しを最初に作る」を意識してみましょう。

最初に見出しを作ってしまえば、記事の全体像が見えるため、記事を書くことだけに集中できます。

構成がまとまっていないと、記事執筆が行ったり来たりします。完全に時間のロスなので、今すぐやめましょう。

2. ライターに使える時間を増やす

次に、1日に使える時間を増やすことに目を向けましょう。

ライティング方法を工夫することで、執筆速度だけでなく、ライターに使える時間を増やすことも可能です。

その方法として、今回は2つの方法を紹介します。

ライターに使える時間を増やす2つの方法

・通勤時間などの隙間時間にスマホで執筆
・Googleドキュメントの音声入力を利用

①通勤時間などの隙間時間にスマホで執筆

こちらは、使える時間を増やす一番シンプルな方法ですね。

電車通勤などをしているなら、そういった時間にスマホでライティングしてみましょう。

作業できる時間が短いので、短時間で集中してライティングを行えます。

僕自身、この方法を使って記事執筆を進めることがよくあります。コツは、自宅で構成を完成させておいて、執筆を電車でやっています。

Googleドキュメントはオフラインでも作業が可能なので、外出先などで非常に重宝します。

②Googleドキュメントの音声入力を利用

2つ目は、音声入力で時間を捻出する方法です。

PCやスマホで文字を打つ時間がない時でも、音声入力ができるなら試してみてください。

Googleドキュメントの音声入力を使って、誤字脱字を手で修正すれば、かなり効率的に作業を進めることができますよ。

3. 単価交渉

最後の時給を上げる方法は「単価交渉」です。

前述したように、こちらは大量のアウトプットをした上で行う最終手段。

ただ、しっかり成果を上げていれば、単価交渉はほぼ成功します。

継続的に案件をもらいながら、発注者にベネフィットを提供することができていれば、単価交渉は簡単です。

基本的には、①型を作る②ライターに使える時間を増やすを頑張って、アウトプットしていきましょう。

まとめ:ライターとしての価値を上げることは、時給アップと同じです

今回は、Webライターの時給を上げる方法を解説しました。

しかし、これは本質ではありません。

結局のところ、ライターとしての価値を高めていけば、自然と時給はアップします。

そして、その価値を高めるには今回紹介したことを意識して、大量にアウトプットすることが大切です。

ライターとしての実績を身につけるなら、クラウドソーシングサービスが一番手っ取り早いです。おすすめのサービスは下記の記事で解説しているので、参考にしてみてください。

>>【登録必須】Webライターにおすすめのクラウドソーシング4選

死ぬまで使えるスキルを身につけながら、お金を稼げるライターは本業にも副業にも最適です。

自分のペースでいいので、コツコツ頑張っていきましょう。

今回は以上です。

スポンサーリンク
sasamiblog
タイトルとURLをコピーしました