Webライター

【登録必須】Webライターにおすすめのクラウドソーシング4選

Webライター

Webライターとして絶対に登録しておくべき、”効率よく稼げるクラウドソーシングサービス”を教えてください。

こんなお悩みを解決します。

今回は、現役でWebライターとして活動しているささみ(@Sasami1234765)が、実際に案件受注に利用しているクラウドソーシングサービスを計4つ紹介します。

会員登録しているサービスの数はそれ以上ですが、実際に使っているものだけを厳選して紹介するので、参考になると思いますよ。

Webライターとして稼ぎたい人におすすめのクラウドソーシング4選

結論、以下の4つのサービスには登録しておいて損はありません。

ひとつずつのサービスについて、詳しく見ていきましょう。

1. クラウドワークス

1つ目におすすめするサービスは「クラウドワークス」です。

こちらは、業界大手の最も案件数が多いクラウドソーシングとなります。

クラウドワークスを使うメリットは以下の3点。

①未経験でも案件受注可能
②ライター案件が多数ある
③多種多様なジャンルがある

クラウドワークスは案件が多数あり、ジャンルも多岐にわたります。その上、未経験でも案件受注が簡単に行うことが可能。

副業としてライターを始めるなら、登録しない理由が見当たらないサービスです。

ささみ
ささみ

僕自身、ライターの仕事は9割以上、クラウドワークス経由です。

しかし、デメリットもいくつかあります。

手数料が高い(20%です)
悪徳案件やブラック案件がある
最初は応募し続ける必要がある

最も注目すべきなのは「手数料が高い」こと。

報酬の20%が手数料として取られるため、文字単価の低い案件を受けていると、ほとんど報酬になりません。

手数料が高い分、自分に合った案件が多数見つかります。働き方を工夫することで、初月から時給1,500円は達成できるので、初めは手数料を気にする必要はありません。

ささみ
ささみ

実績がつけば、SNSなどで直の案件を受けることもできるので、焦らずにがんばりましょう。

また、怪しい案件がたまにあるのもデメリットです。特に「金融系ジャンル」にはしっかりアンテナを張っておく必要があります。

こちら側が注意すれば、全く問題ありません。まずは、自分の得意ジャンルに絞って仕事を探してみましょう。

最初の案件受注に時間がかかることも欠点のひとつです。

しかし、これはクラウドワークスに限らず、どのサービスでも最初は苦労するところなので、あまり気にしないでください。

以上のようなメリット・デメリットがクラウドワークスにはあります。

登録しておいて損はないサービスとなっているので、ライターとしてお金を稼ぎたいなら、今すぐに登録しておきましょう。

\業界最大手で安定的に仕事をしたいなら/

>>クラウドワークスの公式サイトを見てみる

Googleアカウントでの登録がおすすめです。

ささみ
ささみ

発注者とのメッセージをGmailで確認することができるので、非常に便利ですよ。

2. ランサーズ

2つ目におすすめするサービスは「ランサーズ」です。

こちらも、クラウドワークスの次に有名なクラウドソーシングサービスなので、登録しておきましょう。

ランサーズのメリットはこんな感じ。

①正規の案件で実績を積める
②多種多様なジャンルがある
③業界大手という安心感がある

やはり、クラウドワークスと肩を並べる業界大手のランサーズは、安心感が段違いです。

ほとんどの案件が正規の安全なものばかりなので、未経験でも安心して利用可能。案件ジャンルも多種多様なので、ライティング以外にも自分の得意な分野で戦うことができます。

しかし、いいとこばかりではありません。ランサーズにはこんなデメリットもあります。

手数料が高い(20%です)
悪徳案件やブラック案件がある
最初は応募し続ける必要がある

このように、ランサーズのデメリットはクラウドワークスと全く同じです。

大手なので、案件数はたくさんありますが、少なからず悪徳業者がいるのも現状。そして、何より手数料で20%持っていかれるのはきついです。

実際に僕自身、ランサーズで受けている仕事は多くありません。しかし、かなり重宝しています。

\副業ライターで安定的に稼げる/

>>ランサーズの公式サイトを見てみる

ささみ
ささみ

Webライターを始めるなら、「クラウドワークス」と「ランサーズ」の2つは必ず登録しておきましょう。

次からは、これら2つのサービスに+α的なサービスを2つ紹介します。

3. サグーワークス

ここからは、おまけ的なサービスを紹介していきます。

3つ目におすすめするサービスは「サグーワークス」です。

サグーワークスのメリットはこんな感じ。

・ライティング案件のみ扱っている
・ライターテストで単価アップ可能

サグーワークスはライティング案件のみ取り扱っているクラウドソーシングのため、Webライターの強い味方です。

プラチナライターテストを受ければ、文字単価1円以上の限定案件を受けることもできるため、力のある人にはもってこいのサービスとなっています。

ただ、その反面デメリットもあります。

未経験だと高単価の仕事が受けられない
案件数が他に比べて多くない

このようなデメリットがあるのも実情。特に、ライターテストを合格しないと高単価の仕事に応募することすらできないため、初心者からサグーワークスで稼ぐことは難しいです。

また、クラウドワークスやランサーズほど案件数が多くないので、そういった面でも初心者にはあまりおすすめできません。

クラウドワークスなどでライターの経験を積んでから、サグーワークスにトライしてみることをおすすめします。

\Webライターを本業として稼ぐなら/

>>サグーワークスの公式サイトを見てみる

4. クラウディア

最後、4つ目におすすめするサービスは「クラウディア」です。

では早速、クラウディアを登録するメリットをみていきましょう。

・多種多様な仕事がある
・手数料が安い(〜15%)

クラウディアは仕事の種類がたくさんあるのが特徴。

しかも手数料が高くても最大15%なので、他に比べて稼ぐことができます。

しかし、メリットばかりではありません。クラウディアにはこんなデメリットがあります。

案件数が非常に少ない

これに尽きます。手数料が低くても、案件数が少なかったら意味がありません。

ただ、登録しておいて損はないので、初心者の方でも最初から利用してみましょう。

\ブルーオーシャンで案件獲得を目指せる/

>>クラウディアの公式サイトを見てみる

ささみ
ささみ

クラウディアもメインで使うのではなく、プラスアルファぐらいの感じです。

以上が、おすすめのクラウドソーシング4選でした。

まとめ:Webライターで稼ぐなら、クラウドソーシングを活用しよう

今回は、Webライターとして稼ぎたい人におすすめのクラウドソーシングサービスを計4つ紹介しました。

もう一度おさらいしておくと、「クラウドワークス」と「ランサーズ」の2つには必ず登録しておきましょう。

とりあえず、この2つに登録しておけば、案件の取りこぼしはほとんどなくなります。

ささみ
ささみ

業界最大手なので安心感も抜群です。

クラウドソーシングサービスは手数料が高いなどの欠点もありますが、未経験から仕事を受けやすいというメリットはかなり大きいです。

まずは、ライターとしての実績をつけるためにも、これらのサービスを使って、どんどん案件を受注していただければと思います。

というわけで、今回は以上です。

コメント

  1. […] 【登録必須】Webライターにおすすめのクラウドソーシング4選Webライターと… […]

  2. […] 【登録必須】Webライターにおすすめのクラウドソーシング4選Webライターと… […]

  3. […] 【登録必須】Webライターにおすすめのクラウドソーシング4選Webライターと… […]

タイトルとURLをコピーしました