English 英語アプリ

【正直に体験レビュー】HiNative Trekの評判や料金なども徹底解説

English

HiNative Trek(ハイネイティブ トレック)はどういったサービスですか。情報が多すぎて困っています。実際に使ってわかったことを詳しく教えてください。

このようなお悩みを解決します。

本記事の内容
  • HiNative Trekを使ってみた感想
  • HiNative Trekに関する基本情報

今回は実際にHiNative Trek(ハイネイティブ トレック)を1週間体験してみてわかったことをお話しします。

実際に使ってみると、他の紹介ブログや公式HPでは知れないことまでわかったので、そういったことを共有していきます。

HiNative Trekが向いている人についても解説しているので、あわせてチェックしておきましょう。

スポンサーリンク

体験談:HiNative Trekを実際に使ってみた感想

そもそもHiNative Trekを使ってみたきっかけは、参考書などには載ってない”使えるビジネス英語”を学ぶことに興味があったからです。

他にもオンライン英会話でビジネス英語を学ぶことも可能だったのですが、1日5分でできる課題を通して使える英語を学ぶというサービスはHiNative Trekだけの特徴であり、そこに惹かれました。

そんな僕が使ってみた実際の感想を以下のポイントに分けて解説していきます。

  • 実際に利用した感想
  • 実際に利用してわかったデメリット
  • サービスを受けるべき理由

実際に利用した感想

実際に1週間利用してみた感想を一言で言うと、「画期的」でした。

一番すごいと思ったところは、添削が充実している点です。

毎朝、課題に対するライティングとその文章を音読するという作業をします。それにかかる時間は5分ほどです。

課題は今回学ぶことについての導入があります。そこで、基礎的な英語の知識を身につけます。

そして問題を解いていきます。

例えばこんな感じ。

メールで同僚に○○を頼むときに〜〜という熟語を使って英作文しなさい

詳しくは実際にやってもらえればと思いますが、ここで自分の力で英作文とその音読を提出します。

そして先生からの添削を待ちます。

13時までに課題を提出すれば、当日中に添削してもらえます。しかも、それはネイティブのビジネスパーソンからによる質の高いものです。

その内容も超豪華で、長文で詳しく解説されます。

自分で作った英文をビジネスの経験があるネイティブスピーカーに添削してもらえるので、当たり前ですが、本物の英語力を身につけることができました。

土日は課題が休みなので、その2日間でこれまでの課題を復習できます。

実際に使ってみると、毎日の課題もすぐにできるものなので習慣化は簡単にできると思います。

それでいて、添削されたときには単語同士のニュアンスについてなど細かく解説されていて、インプットとアウトプットのどちらもできる良いサービスだと思いました。

実際にHiNative Trekを利用してわかったデメリット

しかし、デメリットもあります。

まずは「価格」です。

こちらがHiNative Trekの料金設定になっています。

  • 月額…19,600円
  • 年額…196,000円(1ヶ月あたり約16,333円)

英語学習サービスの中では高額な部類にはいります。

オンライン英会話の「DMM英会話」なら月額6,480円から始められます。

オンライン英会話のサービスと比べるのは少しおかしいですが、こう見てもHiNative Trekの月額19,600円は決して安くありません。

しかし、実際に利用してみて、これぐらいの料金になる理由もいくつかわかりました。

まず「講師の質が高い」からです。

講師は全員ネイティブスピーカー。しかも、それに加えビジネス英語を学ぶサービスということでビジネス経験が豊富な方のみと限定されています。

そして、このような方々が毎日その日のうちに文章と録音した音声の両方を添削をしてくれます。

その内容も申し分ないほど上質です。

それに加えて、その添削が返ってきたあとには、疑問点や分からないことなどをなんでも質問できます。

月額19,600円の値段設定の背景には、このような理由があると考えられます。

サービスを受けるべき理由

高額な値段設定のHiNative Trekですが、それでもこのサービスを受けるべき理由があります。

それは「成果の出ない学習が一番もったいない」からです。

独学で英語を学んでいると、勉強はしているけど効果があるのかわからないということがよくあります。

このような勉強ははっきりいって、無駄です。

成果が出ない勉強に時間を使っていては、どれだけお金という面で節約できても、最終的には一番もったいないことになってしまいます。

おそらく多くの方が、自分の将来のためなどを思って英語を学習していると思いますが、そういった方々には無駄な努力をして欲しくありません。

わざわざ自由な時間を勉強に当てて頑張っているわけですから、結果を出しましょう。

結果を出したいならHiNative Trekが一番最短で効率よくできると考えています。

\学習の成果を出し、ビジネスで生かす/

HiNative Trekで使える英語力を身につける

>>HiNative Trekの新規会員登録はコチラ

HiNative Trekの使い方・評判・口コミ・料金を徹底解説

ここからは、HiNative Trekについての基本情報を解説します。

  • 使い方
  • 向いている人
  • 口コミ・評判

上記の点について解説していくので、気になるところだけご覧ください。

使い方:HiNative Trekでは英語学習が無理なく継続できる

HiNative Trekの勉強手順に関しては先ほども簡単に紹介しましたが、ここではより詳しく解説していきますよ。

流れは以下の通りです。

  1. 平日毎日課題が届き、提出
  2. ネイティブによる添削
  3. 質問があれば質問する
  4. 土日に復習

1つずつみていきましょう。

1. 平日毎日課題が届き、ライティング・音読を提出(週5日)

HiNative Trekの他のサービスとは違う特徴の1つとして、「毎日課題が届く」ことが挙げられます。

毎日の課題ではライティングのお題が出され、それに対してのライティングとその作った文章の音読を提出します。

毎日課題が出されると聞くと、「めんどくさそう〜」と思われるかもしれませんが、5分ほどで解答することができるため、隙間時間にパパッと仕上げられます。

そして、毎日は無理という方も安心してください。

課題の提出は30日前のものまでならいつでも提出可能なので、出張などの用事がある場合でも後から提出することができます。

2. ネイティブの先生による添削を受ける

HiNative Trekでは、ネイティブの先生からライティングと音声の添削を受けられます。

しかも、13時までに提出すればその日のうちに添削を受けることができるんです。

朝の会社に行く前のちょっとした時間に課題を提出して、夜の空いている時間に返ってきた添削で復習するのがオススメです。

3. 質問があれば質問する

添削を受けた後は、その添削についてや自分の疑問について積極的に質問しましょう。

質問は3往復までできます。

「ネイティブの先生に直接質問できる」というのは普通に生活していては絶対に経験できないことなので、この機能はしっかり活用してくださいね。

4. 土・日に復習

自分の回答や講師による添削などは全てデータとして残るので、いつでも見返すことができます。

土・日は課題がないので、添削データを使って自分のペースでゆっくりと復習し、学んだことを実践で使える形に落とし込んでいくのがオススメです。

出される課題を提出し、添削を受ける。先生へわからないことは質問し、土・日を使って復習。このルーティンで、日々の学習を記憶に定着させていくのがポイント。

料金:HiNative Trekは全て有料【無料体験・プランは…】

ここでは、HiNative Trekの料金設定について説明します。

HiNative Trekの利用は全て有料となっています。

また、無料体験もないので利用する際はしっかり考えてからにしましょう。

料金設定は以下の通りです

  • 月額…19,600円
  • 年額…196,000円(1ヶ月あたり約16,333円)

1ヶ月を月額で支払うと19,600円となっていますが、年額で支払うと2ヶ月分お得になっています。

しかし、196,000円という料金は簡単に支払える金額ではありません。なので、まずは最初の1ヶ月を「お試し期間」として月額で支払うことをオススメします。

サービスの質は間違いなく良いものですが、皆さんに合うかどうかはやってみないとわからないので、まずは1ヶ月お試しとしてやってみてはいかがでしょうか。

\ビジネスで英語を生かしたい方はこちら/

HiNative Trekで使える英語力を身につける

>>HiNative Trekの新規会員登録はコチラ

向いている人:HiNative Trekはビジネスパーソン必見です

では、HiNative Trekはどんな人に向いているのでしょうか。

  • 英語学習を習慣化したい
  • 効率的に勉強したい
  • 英会話教室に通う時間がない
  • ビジネスで英語を使うことが多い

毎日課題は出されますが、1回にかかる時間は5分程度。なので、英語を勉強する時間はあまり取れないけど、できるだけ毎日英語に触れておきたいという方にオススメです。

また、課題はビジネスシーンを中心に作られているため、英語を使う・学んでいる忙しいビジネスマンにももってこいです。

また、HiNative Trekでは先生が全員、アメリカ人のビジネス経験があるネイティブの方々です。

これらのポイントに魅力を感じる方は「HiNative Trek」を使ってみる価値はあると思います。

一方で、料金設定が高いので、学生さんには向いていないです。

口コミ:HiNative Trekの悪い評判

HiNative Trekは良い英語勉強サービスであると紹介してきましたが、すべての人にとって良いものというわけではありません。

実際に使ってみてわかったデメリット」に関しては最初に述べましたが、他の方々による悪い口コミなどもいくつかあったのでピックアップしたいと思います。

  • 初心者には難しい
  • ビジネス英語が中心
  • 料金が高い

このような悪い評判をちらほら見かけました。

前述したようにHiNative Trekは「経済力があり英語を仕事で使う/使いたいビジネスマン」に向いています。

そのような人にとってはこれらの点はあまり気にならないと思いますが、それ以外の人にとっては料金面がデメリットのようです。

料金設定は高いですが、以下のメリットもあると考えると本気で英語を習得したい人にとってはコスパが良いものとなります。

  • 毎日の英語学習が習慣化できる
  • 上質な添削が受けられる
  • ビジネスで本当に使える英語力が身につく
  • ネイティブにリアルな質問ができる

これらに魅力を感じる方は、HiNative Trekを利用しても上手く使いこなして、ビジネスで英語が使えるようになるはずです。

\仕事で英語を生かしたいあなたはコチラ/

HiNative Trekで使える英語力を身につける

>>HiNative Trekの新規会員登録はコチラ

まとめ:HiNative Trekで使える英語力を身に付けよう

これまでHiNative Trekについて説明してきました。

何度も言うようですが、HiNative Trekは「時間はないけど英語勉強に必要な費用は払うことができる経済力のあるビジネスマン」にピッタリのサービスです。

短時間で力をつけたいという「Time is money」の考え方を持っている人にとっては、お試し期間として、まずは1ヶ月間「HiNative Trek」を使ってみてはいかがでしょうか。

完全初心者でない限り、これまで少しでも勉強して得た英語力があれば、難易度的にも全然余裕です。

\これまでの学習を無駄にしたくない方へ/

HiNative Trekで使える英語力を身につける

新規会員登録はカード情報やメアドの登録のみです。

住所などの個人情報は登録不要。お手軽に始められます。

また、ビジネス英語を学びたいなら「ビズメイツ」もオススメです。

ビズメイツなら無料体験キャンペーンもあるので、体験してみても損はありません。

>>Bizmates(ビズメイツ)の口コミを見てみる

いろいろなオンライン英会話と比較したいという人はこちらの記事を参考にしてくださいね。

>>【厳選10社】初心者におすすめのオンライン英会話を徹底比較&ランキング

今回は以上です。

スポンサーリンク
sasamiblog

コメント

  1. […] 【HiNative Trek】ネイティブによる上質な英語添削を!料金・悪い評判・レビ… […]

  2. […] >>【HiNative Trek】ネイティブによる上質な英語添削を!料金・悪い評判・レビ… […]

  3. […] >>【体験してわかった】HiNative Trekで上質な英語添削を!評判、料金など徹底… […]

  4. […] English 【オンライン英会話】ネイティブキャンプについて徹底解説 English 【正直な体験談】HiNative Trekの評判や料金などを徹底解説 English […]

  5. […] >>【正直な体験談】HiNative Trekの評判や料金などを徹底解説 […]

タイトルとURLをコピーしました