【期間限定】無料体験開催中のオンライン英会話

独学の英語学習を無理なく続ける方法と意識すべき4つのポイント

English
スポンサーリンク

独学で英語学習をしています。ただ、いつ挫折するかわからないので不安です。独学で英語学習を継続させる方法を教えてください。

こんなお悩みを解決します。

本記事の内容
  • 独学の英語学習が続かない3つの理由
  • 英語学習を独学で継続させる方法
  • まとめ:継続力は一生使える武器

今回は、独学で英語学習を続ける方法をお話しします。

実際に僕は、海外留学の予定やTOEICなどの資格系の目標はありませんが、半年以上英語学習を継続させています。

情報が多すぎて困っているという方もぜひ最後までご覧ください。

また、そもそもの続かない理由についても3つほど書いたので、こちらもあわせてチェックしましょう。

スポンサーリンク

多くの人が独学の英語学習を挫折する3つの理由

結論、続かない理由として考えられる原因は3つだと思います。

  • 英語が絶対に必要な環境ではない
  • 学習の成果が実感できない
  • 勉強自体が楽しくない

それぞれ1つずつみていきましょう。

英語が絶対に必要な環境ではない

まずこれが一番に挙げられると思います。

正直、日本国内で生きていく分には英語を話せる必要は全くと言っていいほどありません。

それでも英語学習をしている人は少なくありません。おそらくその多くの人が、「就職・転職に役立つから」「海外で仕事がしたい」といった願望を持っていると思います。

しかし、人間は弱い生き物です。必要に駆られない限り、本気を出せません。英語が必要ではない環境にいる以上、苦労してまで勉強することは体に異変が起きているようなものです。

ただ、これに関して僕はどうしようもないと思っています。

お金で解決しようとする人もいますが、みんながみんなそのような方法を使えるわけではありません。

>>今から準備!コロナ収束後に安全に海外旅行できる国【5選】

この「英語が必要な環境ではない」というのはかなり深刻な問題です。

しかし、環境設定以外のところで学習を継続させる方法を後述しているので、ぜひ最後までご覧ください。

学習の成果が実感できない

学習が続かない2つ目の理由は「成果が実感できない」ことにあります。

1つ目の壁を乗り越えて勉強を頑張ったとしても、成果が出なくて挫折する人が多いです。

「TOEIC800点目指す」といった目標なら学習の進捗状況が目に見えますが、「英会話ができるようになる」といった目標を掲げると、成果はなかなか実感しにくいものです。

決してこのような目標を持つことが悪いわけではありません。しかし、成果が実感しにくいと挫折の原因になってしまいます。

ただ、僕自身そのような漠然とした目標しか持っていませんが、学習を継続できています。

それがなぜかというと、「目標設定」にカラクリがあります。

後述する「英語学習を独学で継続させる方法」では目標設定の方法についても言及しているので、ぜひ最後までご覧ください。

勉強自体が楽しくない

3つ目は勉強自体が楽しくないことが原因だと考えています。

楽しくないと続かないのは当たり前ですよね。勉強が楽しいわけはないのですが、そう理解していても面白くないので嫌になってしまいます。

そんな楽しくない英語学習を少しでも楽しくして、モチベを上げる方法を次で解説します。

このような3つの理由から、独学での英語学習は継続しにくいと考えています。

独学の英語学習を継続させる方法

これまで英語学習に挫折する原因をみてきましたが、いよいよ「どうやって継続させるのか」について解説します。

具体的な方法は4つです。

  • 目標は抽象→具体に
  • ルーティンと改良
  • 実践的な学習を導入
  • 成長や情報を発信

特に今回は「英会話上達したい」「英語が話せるようになりたい」といった漠然とした目標をもって 勉強している人を対象に解説します。

それでは、1つずつみていきましょう。

目標は抽象→具体に

まずは、目標を抽象的なものから具体的なものにしましょう。

ここでポイントなのが、最初の元となる大きな目標は「漠然としたもの」にしてください。

理由は、そこから具体的なものに派生していってやるべきことを明確化していくからです。

ただ、1つ注意点があります。漠然としていていいのですが、自分の中でイメージしやすい目標を設定してください。

「英語が話せるようになりたい」では結局なんなのかいまいちピンとこないですよね。

なので、「どんな風に話せるようになりたいのか」や「誰と」「どこで」といったことがイメージできるような目標が好ましいです。

例えば、上の目標を少し改良すれば「駅で迷っている外国人にさらっと声をかけて、助けられるようになる」になります。

そうして作った大きな漠然とした目標から、より具体的なものに派生させていきましょう。

駅で迷っている外国人に話しかけるにはどういった能力が必要なのかを考えていき、それが明確になったら、その能力を鍛えるための勉強法を考えていきます。

すると、今本当にするべき学習が見えてくるんです。

このような手順で目標設定することで、独学でも勉強法に迷いが出ず、最短距離で目標達成が可能になります。

実際にメンタリストのDaiGoさんがこちらの動画でも、目標達成について「イメージしやすい大きな目標を立てることが大切である」とおっしゃられていました。

【これだけは避けて】失敗する新年の目標TOP3

>>DaiGo氏の著書『科学的に正しい英語勉強法』の内容を解説

ぜひ試してみてください。

ルーティンと改良

次に重要なのが「ルーティンと改良」です。

英語の習得は継続しないと成し遂げられません。
そんな継続を僕は、毎日するべきことをルーティン化することで実現させています。

具体的にいうと、以下のようなことを毎日行っています。

  • 発音練習
  • シャドーイング
  • 英語でニュースを読む
  • YouTube×英語
  • PodCast

かなり大雑把に書きましたが、これらはそこまで時間をかけてはやっていません。ただ、習慣化することで負荷なく学習が継続できています。

先ほどの目標設定の方法で見えてきた「自分に必要な学習」をルーティンに組み込むことをおすすめします。

また、ルーティンを作った後もいろいろ”改良”していってください。

毎日やると飽きてきます。そんなときには刺激として、新しい教材を買ってみたり、ルーティンを見直したりと日々進化していくことが大切です。

目安としては1ヶ月ぐらいのペースでルーティンに変化を加えていくのがオススメ。一番効果的だった学習法などを自分で分析して、より良いルーティンを作ることができます。

この「ルーティンと改良」を繰り返すことで、辛かった英語学習が生活の一部になり独学でも継続しやすくなります。

実践的な学習を導入

実践的な学習を導入すると、英語学習が継続できます。

というのも、受験生のように座学ばかりやっていると、やっぱり嫌になってきてやめたくなりますよね。

TOEICなどの資格系の勉強をしている方々は点数の目標があるので頑張れるかもしれませんが、英会話ができるようになりたい人が単語帳を黙々と進めていくのはしんどいものです。

なので、実践的なアウトプットの場を設けましょう。理想は毎日してください。

今は、英語のアウトプットをするための環境が日本でも十分すぎるほど整っています。

しかも、無料でできるものもたくさんあり、多少お金がかかっても1日換算すればジュース一本分ぐらいだったりします。

ここでは、おすすめのアウトプット方法を2つ解説します。

  • 無料の言語交換アプリを活用
  • オンライン英会話の無料体験を活用

まず1つ目は、無料の言語交換アプリを使った方法。

言語交換アプリとは、日本語を勉強している外国人とチャットを通してお互いの言語を学び合うというサービスです。よく出会い系アプリと勘違いされますが、全然そんなことはありません。

使用方法を気をつければ安全に利用できます。

そんな言語交換アプリで特にオススメなのが「Tandem」と「ハロートーク」です。

僕自身、これらのアプリを5ヶ月以上使用していますが、安全に英語学習に活用できています。
ぜひ一度、アプリをインストールしてみてください。

>>Tandemの安全性や口コミについて徹底解説

>>ハロートークの安全性や口コミについて徹底解説

2つ目のオンライン英会話の無料体験を使う方法です。

先ほど紹介した言語交換アプリでも通話機能があるので英会話はできますが、相手は本物の先生ではありません。

「最初から一般の外国人の方と電話をするのはハードルが高いな…」と思われる方は、非ネイティブとの英会話に慣れているプロの講師との英会話がオススメです。

どのオンライン英会話を使えばいいか迷っているという方はこちらの【厳選10社】初心者におすすめのオンライン英会話を徹底比較&ランキングをご覧ください。

このような手段を使って実践的な学習をしましょう。

成長や情報を発信

最後はおまけみたいな感じですが、やってみる価値はあります。

英語学習を独学でしている人はもちろん、1人で勉強していますよね。

そんなとき、同じように勉強している仲間が欲しいと思ったことはありませんか。

それを「発信」することで実現できます。

どんな媒体を使ってもらっても構いませんが、一番手っ取り早いのはツイッターでツイートすること。

決して、インフルエンサーのようなことを呟く必要はありません。
ただ、自分が今日学んだことをアウトプットとしてツイートするだけでOKです。

そうしていると、英語学習をしている他の人をフォローしたくなってきます。ツイッターの世界には毎日すごく勉強されている方がたくさんいるので、自分のモチベ上げに役立ちます。

>>「ささみ」のツイッター

こんなふうに発信を通していろいろな人とつながることで、英語学習を楽しく継続させることができます。

以上で独学で英語学習をするときに、意識すべきこと・やるべきことについての話を終わります。

まとめ:英語学習で鍛えた「継続力」は一生使える武器になる

今回は、独学で英語学習が続かない理由から、その解決策についてまでを解説しました。

この記事を読んで、共感された方はぜひご自身の勉強に役立ててみてください。

最後に僕から伝えたいことは「英語学習をしているだけですごい」ということです。

独学ですぐに効果のでない語学を勉強している人は既に他の人よりも何倍も忍耐力があります。

なので、少し勉強が嫌になったりしたら一旦休憩しても全然大丈夫です。みんなをだいぶ置き去りにして前に進んじゃってるので、少しぐらい休みましょう。

ウサギとカメみたいになっちゃうとアレですが、自分のペースで努力していくことが大切です。

独学の英語学習の先には、「英語力」と「継続力」の2つの武器が同時に手に入ります。

なので、焦らず毎日のタスクをこなしていきましょう。

今回は以上です。

コメント

  1. […] >>独学の英語学習を無理なく続ける方法と意識すべき4つのポイント […]

タイトルとURLをコピーしました