【期間限定】無料体験開催中のオンライン英会話

英語添削を無料で受ける方法あります【結論:HiNativeを使おう】

English
スポンサーリンク

無料で添削を受けられる方法を教えてください。

このようなお悩みを解決します。

この記事では、無料で英語の添削を受けられるアプリ・サイトとして「HiNative」を紹介しています。

HiNativeの使い方なども解説しているので、最後までご覧ください。

スポンサーリンク

HiNativeで無料で英語の添削を受ける方法・使い方

まず、HiNativeについて簡単に説明したいと思います。

HiNativeとは、無料で使える(一部有料)「外国語学習者用の知恵袋」のようなサービスです。

例えば、「この熟語の使い方が分からない」となったら、それについて質問することで、外国人から生の回答がもらえたりします。

こんなHiNativeで使える機能の説明や、無料で添削を受ける方法を解説していきたいと思います。

HiNativeで使える機能は2つ

HiNativeで使える機能はたくさんあるのですが、「ライティングの添削」に使えそうな機能は2つです。

  • 過去の質問検索
  • 質問(9種類)

それぞれ見ていきましょう。

過去の質問検索

この機能では、HiNativeで過去にされた質問を検索することができます。

特にこの機能は「○○って英語でなんていうの?」といった、単語単位で英語がわからないときに重宝します。

僕もジャーナリングの際にわからない単語を過去の質問で検索して探すことがあります。

>>【失敗しない】英会話力がUPするジャーナリングの効果的なやり方

この機能はライティング以外の普段使いとしても、使えるのでとてもおすすめです。

9種類もある質問テンプレート

また、HiNativeには質問する際のテンプレートが9種類もあります。

しかし、添削用の質問は有料です。

「この表現は自然ですか?」というテンプレートを使用すれば、ネイティブに添削してもらえますが、この機能は有料会員のみ使用可能です

しかし、僕はあるテンプレートを使って合法的に添削っぽいことを実現させています。

その、”あるテンプレート”とは「なんて言うの?」というものです。

これを使って、日本語の文章からネイティブに英文を作ってもらい、その回答と自分の文章を照らし合わせることで、擬似添削を実現させています。

添削というのは、誤字・脱字・誤用の発見と、自然な言い回しに訂正してもらうことです。

前者は有料テンプレを使わないとできませんが、自然な言い回しは「なんて言うの?」の無料テンプレで知ることが可能です。

なので、HiNativeで無料で添削を受けることは可能だと考えています。

料金:HiNativeの料金プランは?

しかし、このような使い方に満足できない方もいると思います。

そこでHiNativeの有料プラン(HiNative プレミアム)を紹介します。

  • 1ヶ月:1,200円
  • 12ヶ月:9,600円

このような料金設定となっています。

12ヶ月一気に払えば、1ヶ月あたり800円です。

HiNative プレミアムになることで、多くのメリットがあります。

  • 発音に関する質問が可能
  • 自分の質問を優先的に表示
  • この表現は自然ですか?で添削
  • 広告非表示  など…

これらの機能に興味のある方は、HiNative プレミアムをチェックしてみてください。

まとめ:HiNativeの添削を使って英語学習を効率化しよう

今回は「添削」にフォーカスしてHiNativeの機能や料金などについて解説してきました。

ぜひ、今回紹介した無料添削の方法を使って英語学習に役立ててみてくださいね。

また、皆さんはHiNative Trekというものをご存知でしょうか。

HiNativeと同じ会社によって作られた有料のサービスなのですが、英語を使って仕事をするビジネスパーソンにとって素晴らしい学習システムが備えられたサービスなんです。

英語を本気でビジネスに、将来につなげたいという人にはオススメのサービスとなっています。

HiNative Trekについて詳しく知りたい方はコチラの記事もご覧ください。

>>【正直な体験談】HiNative Trekの評判や料金などを徹底解説

今回は以上です。

コメント

  1. […] […]

  2. […] 僕はHiNativeを使った「無料でネイティブに添削を受けられる合法的な方法」を他の記事で紹介しているので気になる方はコチラもご覧ください […]

タイトルとURLをコピーしました